切除法が綺麗な場合も

カウンセリング

機器品質の向上が背景に

ほくろは皮膚腫瘍でも良性なので、治療の必要はありません。しかし、見た目が悪性腫瘍に似ていて可能性を否定できない場合や、生活上で支障を感じる場合などは、保険治療が可能です。それ以外で取りたいときは、美容外科や美容皮膚科などでレーザーで除去するのが一般的です。シミ治療で使われるレーザーは、色素に反応して熱エネルギーを発する仕組みのものが多いですが、ほくろ治療の場合は水分に反応するレーザーが使われます。代表的なのは炭酸ガスレーザーで、近頃はエルビウムヤグレーザーが後任に就こうとしています。でもレーザーが対応できるのは大体5mm前後までの大きさのほくろであり、あまりに大きいものになると手術が必要です。ほくろより大きく紡錘形にメスを入れて母斑細胞を除去した後、最終的に直線の傷となるよう縫合します。美容外科などでは、縫合の際に真皮縫合を行って傷痕を残さない配慮を行っています。特に傷痕が法令線やその他のシワなどに沿っていれば、ほとんど気になりません。大きいものはレーザーより切除法の方が綺麗な仕上がりになると言われています。生活上何ら問題がなくても、見た目に問題を感じるほくろもあります。大きくなると人からも視線を集めがちなので、女性を中心に取りたいと考える人は増加傾向にあります。世間の美容意識が高まったと同時に、レーザー治療器の品質も向上している背景も影響しているのかもしれません。水分に反応して照射するタイプのレーザー治療器が流通し始めたのは近年ですが、瘢痕が残りにくいという特徴がほくろ治療を後押ししている可能性もあります。炭酸ガスレーザーは瘢痕が残りにくい機器ではあるものの、それより勝っているのがエルビウムヤグレーザーです。周りの皮膚をほとんど傷付けることなくほくろだけを蒸散させる特徴はそっくりですが、エルビウムヤグレーザーはさらに凝固層を作らない点に優れます。凝固層ができないと傷の回復が早く、除去後の赤みや色素沈着の可能性を抑えられます。それに、大変パワフルな炭酸ガスレーザーと違って、麻酔が不要です。麻酔が効くまでの時間も不要ですから、治療にかかる時間も短く済みます。